Access count of this item: 112

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
a42b2p23.pdf2.1 MBAdobe PDFView/Open
Title: ブランタス川流域の土地被覆分類と土砂流出解析
Other Titles: Land Cover Classification and Sediment Runoff Analysis in the Brantas River Basin
Authors: 宝, 馨  kyouindb  KAKEN_id
上坂, 龍平  KAKEN_name
野ツ俣, 克彦  KAKEN_name
Author's alias: TAKARA, Kaoru
UESAKA, Ryuhei
NOTSUMATA, Katsuhiko
Keywords: リモートセンシング土地被覆分類
GIS
土砂流出
セル分布型流出モデル
remote sensing
land cover classification
GIS
sediment runoff grid-cell based runoff model
Issue Date: 1-Apr-1999
Publisher: 京都大学防災研究所
Journal title: 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B
Volume: 42
Issue: B-2
Start page: 291
End page: 310
Abstract: 本研究では, MOS-1/MESSR, マルチバンド画像データと, 多時期のJE:RS-1/SAR画像データを用い, 土地被覆分類を行う手法を検討する。さらに, セル分布型土砂流出モデルを構築し, インドネシア・ジャワ島東部のブランタス川流域に適用し, 火山噴出土砂の流出解析を行なう。MOS-1/MESSR画像データのみを用いて土地被覆分類を行なったところ, 雲がかかっていて分類できない地域や不正確な分類となっている地域が存在した。そこで, 多時期のJERS4/SAR画像データによる土地被覆分類データを統合し, マルチバンド画像データのみによるものよりも正確な土地被覆分類を行なうことができた。次に, 1990年2月のクルー山の噴火によって大量に堆積した土砂の流出を解析することを目的とし, セル分布型土砂流出モデルを構築した。このモデルは, 流域を多数のセル(250m四方の正方形領域)の集まりとする分布型モデルで, 各セルにおいてkinematicwave法により降雨流出計算を行なう。土砂の流出は雨水流量に従い, 斜面のセルでは, 地表面流の発生に伴って土砂が生産され, 河道のセルでは, 流砂量式により決定される流砂量が流下するとしたモデルである。このモデルを主要な支川の一つであるプティー川およびそれを含むクルー山南西斜面域に適用し, 土砂堆積厚の空間的および時間的変化, ブランタス川への土砂の横流入をシミュレートすることが可能となった。
This paper describes (1) a method of land cover classification that uses both multi-spectral band images of MOS- 1/MESSR and multi-temporal images of JERS- 1/SAR and (2) a grid-cell based distributed runoff model that can estimate sediment runoff from volcanic mountain slopes in the Brantas River basin, East Java, Indonesia.As for (1), this paper indicates that the use of multi-spectral band images only does not produce very good land cover map, and the combination of MOS-l/MSSR and JERS-1/SAR can obtain more accurate land cover conditions of the basin. As for (2), the runoff model, which uses land cover information as well as a 250-in digital elevation models, can evaluate transition of spatial distribution of volcanic ash on the slopes.This paper illustrates the results of computer simulation with this model on temporal and spatial distribution change of sediment yield in the Putih River basin, a tributary of the Brantas and the basins on the south slope of Mt. Kelud, which erupted on February 10, 1990.
URL: http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/nenpo.html
URI: http://hdl.handle.net/2433/80417
Appears in Collections:No.42 B-2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.