Access count of this item: 106

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
a43b2p18.pdf875.81 kBAdobe PDFView/Open
Title: 中国淮河流域を対象としたマクログリッド型洪水流出モデルの構築
Other Titles: Construction of Macro Grid Based Hydrological Model for the Huaihe River Basin in China
Authors: 立川, 康人  KAKEN_name
川上, 貴裕  KAKEN_name
市川, 温  kyouindb  KAKEN_id  orcid https://orcid.org/0000-0003-1269-2975 (unconfirmed)
宝, 馨  kyouindb  KAKEN_id  orcid https://orcid.org/0000-0001-5454-2989 (unconfirmed)
椎葉, 充晴  KAKEN_name
Author's alias: TACHIKAWA, Yasuto
KAWAKAMI, Takahiro
ICHIIKAWA, Yutaka
TAKARA, Kaoru
SHIIBA, Michiharu
Keywords: 大流域
淮河
マクロ水文モデル
構造的モデル化法
large river basin
the Huaihe river
macro-scale hydrological model
structural modeling method
Issue Date: 1-Apr-2000
Publisher: 京都大学防災研究所
Journal title: 京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B
Volume: 43
Issue: B-2
Start page: 177
End page: 191
Abstract: 中国淮河流域を対象としたマクログリッド型流出モデルを構築する。大河川流域を対象として流出モデルを構築する場合, 流域分割から始まる一連のモデル構築作業を手作業で行なうことは多大な作業を要する。また, ある特定の河川流域を対象とするのではなく, モデルが他の流域にも適用可能なものであるためにはモデルの構築手法が自動化されている必要がある。そこで, モデル構築に必要な作業を全て自動化するシステムを開発し, それを中国淮河流域に適用する。ここで提案する流出モデルでは, 基本的にメソ気象モデルのグリッドサイズに流域を分割し, 分割した流域ごとに集中型の流出モデルを適用して, それらを相互に接続することで流域全体を対象とする流出モデルを構成する。本モデルを動作させるために必要となるモデルパラメータは, 淮河の支流域である史灌川流域で得られた実測データを用いて同定した。また, 構築したモデルを用いて, 大河川流域における洪水流出量の算定結果に及ぼす河道の影響を調査した。
An automatic modeling system to build a macro scale rainfall runoff model is presented and it is applied to the Huaihe River basin in China. The model parameters are determined by using the data sets obtained in the Shigan River basin which is a tributary basin of the Huaihe River basin. To confirm that the constructed model works correctly, some runoff simulations are carried out.
URL: http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/nenpo/nenpo.html
URI: http://hdl.handle.net/2433/80491
Appears in Collections:No.43 B-2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.