Access count of this item: 125

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004808410.pdf118.36 kBAdobe PDFView/Open
Title: 準安定および不安定状態の崩壊の確率過程(非線型・非平衡状態の統計力学,研究会報告)
Authors: 冨田, 博之  KAKEN_name
Author's alias: Tomita, Hiroyuki
Issue Date: 20-Apr-1976
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 26
Issue: 1
Start page: A33
End page: A36
Abstract: 狭い意味での相転移現象に限らず多くの場合に,2つ以上の安定点をもつような問題にしばしば出会う。ここでは,そのような問題で,確率過程を支配するマスター方程式が与えられた時,準安定あるいは不安定状態の崩壊過程を固有値問題として解き,特に崩壊速度が体系の大きさにどのように依存するか,を議論したい。結論の詳細は既にいくつか発表してあるので御参照いただきたい。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/89134
Appears in Collections:Vol.26 No.1

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.