Access count of this item: 107

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004808802.pdf297.11 kBAdobe PDFView/Open
Title: 量子系のMonte Carlo法の研究
Authors: 鈴木, 増雄  KAKEN_name
黒田, 昭  KAKEN_name
宮下, 精二  KAKEN_name
Author's alias: Suzuki, Masuo
Kuroda, Akira
Miyashita, Seiji
Issue Date: 20-Feb-1977
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 27
Issue: 5
Start page: 195
End page: 205
Abstract: Monte Carlo法,特に平衡状態のMonte Carlo法は諸量Xのensemble average,<X>=(<Σ>___<<α|><α|Xe^<-βH>|α>)/(<Σ>___<<α|><α|e^<-βH|α>)(ここでHは系のノヽミルトニアン,|α>は系の1状態,β=1/kT),の|α>についての和が実行困難の時,状態|α>を<α|exp(=βH)|α>に比例する確率でとりだし,それによって,<X>_<M.C.>=<Σ>___<<α|>_<M.C.><α'|X|α'>/<Monte Carlo steps)(ここで< >_<MC>はMonte Carlo法によるensemble average,|α>_<M.C.>はMonte Calroの1 configuration)として求めるものである。状態|α>を<α|exp(-βH)α>に比例する確率でとり出す方法として,kinetic modelのように状態を<αlexp(-βH)|α>に従ってstepさせ,|α>が<αlexp(-βH)α>に従って分布しているようなensemble,つまり平衡状態を作りだし,そこでの平均をとる方法が普通行なわれている。しかし,すべが対角化されている古典系では,<αlHlα>=E_α,<αlexp(-βH)lα>=e^<-βE_α>であるのに対し、量子系では,Hの固有状態でない|α>について<αlexp(-βH)α>が一般には計算不可能なためMonte Carlo法は困難であると考えられ、現在まで実行されていない。そこで量子系でのMonte Carlo法について一つの方法を提案する.
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/89296
Appears in Collections:Vol.27 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.