Access count of this item: 761

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004810995.pdf404.01 kBAdobe PDFView/Open
Title: 半導体化合物の熱膨張係数とWeinsteinの1次相関の破綻
Authors: 佐藤, 淳子  KAKEN_name
加賀屋, 弘子  KAKEN_name
相馬, 俊信  KAKEN_name
Author's alias: SATOH, Junko
KAGAYA, Hiroko
SOMA, Toshinobu
Issue Date: 20-May-1982
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 38
Issue: 2
Start page: 41
End page: 51
Abstract: 正四面体的配置をとる共有結合性半導体の熱膨張係数の温度依存性と格子熱振動への圧力効果とが,電子物性論の立場から一貫して取り扱われる。Weinsteinは,これら半導体において,X点での横音響(TA)モードGruneisenパラメータγ^X_<TA>と共有結合一金属結合相転移圧力P_tとの間に1次の相関が経験的に成り立つことを見出した。この経験則はSi, GaP, ZnS, ZnSe, ZnTeに対しては満足されるが,GaAs, InPにっいてはこの1次相関から大きくずれることが報告されている。それにも拘らず,GaAsの熱膨張係数の温度依存性は,測定値をよく再現できる。又,実験的に未報告のInPの熱膨張係数の温度依存性も理論的に推定される。更に,ZnS, ZnSe, ZnTe, GaAs, InPの高温での熱膨張には,光学(O)モードだけでなく,帯境界近傍の縦音響(LA)モードの寄与も重要であることが縮められる。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/90654
Appears in Collections:Vol.38 No.2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.