Access count of this item: 106

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004774628.pdf120.02 kBAdobe PDFView/Open
Title: DLAのフラクタル次元の理論(拡散に支配された凝集(DLA)とそれに関連した現象,研究会報告)
Authors: 本田, 勝也  KAKEN_name
Author's alias: Honda, Katsuya
Issue Date: 20-May-1987
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 48
Issue: 2
Start page: 116
End page: 118
Abstract: ランダムなフラクタルパターンの典型例として,DLAに関する研究は急速に発展してきたが,それは主に計算機シミュレーションと実験を手段とするもので解析的理論はまだ乏しい。ここでは,DLAクラスターのフラクタル次元Dを理論的に求めた主な理論を簡単に紹介する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/92528
Appears in Collections:Vol.48 No.2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.