Access count of this item: 165

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004775359.pdf362.88 kBAdobe PDFView/Open
Title: 12. Ag-Mg合金の長周期構造における整合化過程とその場観察(基研研究会「パターン形成,その運動と統計」,研究会報告)
Authors: 藤野, 豊  KAKEN_name
平林, 真  KAKEN_name
里, 洋  KAKEN_name
Author's alias: Fujino, Yutaka
Hirabayashi, Makoto
Sato, Hiroshi
Issue Date: 20-Oct-1987
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 49
Issue: 1
Start page: 36
End page: 40
Abstract: 不整合・整合相転移がどのような経過をたどって生じるのか,そのダイナミックスを直接その場観察した例は未だない。我々はAg-24at%Mg合金(219℃で39日間アニールして作成)の場合に,不整合・整合相転移のダイナミックスを透過電子顕微鏡中で,高温ステージを用い試料を加熱し,その際に見られる整合欠陥(discommensuration)の動きをその場観察することにより調べた。その結果,合金の長周期構造における整合化過程は,整合欠陥がある所で集まりくびれ"jellyfish"様パターンが形成され,さらに縮み消えて行くという経過をたどることが実際に観察された。整合化過程が,この様な過程を経て進行するであろうことは,例えば層状遷移金属ダイカルコゲナイド2H-TaSe_2 の場合にも予想されていたことである。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/92853
Appears in Collections:Vol.49 No.1

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.