Access count of this item: 91

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004775642.pdf118.6 kBAdobe PDFView/Open
Title: 4.結晶成長における横枝発生機構(パターン形成、運動と統計,研究会報告)
Authors: 田中, 敦  KAKEN_name
沢田, 康次  KAKEN_name
Author's alias: Tanaka, Atsushi
Sawada, Yasuji
Issue Date: 20-Jun-1988
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 50
Issue: 3
Start page: 298
End page: 301
Abstract: パターンの成長機構に関する種々の問題は、物理的及び数学的に興味深いものがある。その中でも結晶成長は、そのミクロなカイネティクスがマクロな形態に決定的な影響を与えること、実験室においてパラメータの制御により、様々な形態が発生し得るなど、数々の優れた点を持ち、パターン形成における中心問題の一つと考えられる。その中でも、横枝の発生機構は、もっとも重要な問題の一つとして昔から興味が持たれているが、今だに未解決な問題である。そこでわれわれは、塩化アンモニウムを用いて、二次元系(20±2μm)における樹枝状結晶成長を観測し、画像解析による定量的な測定を行った。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/93114
Appears in Collections:Vol.50 No.3

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.