Access count of this item: 144

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004787519.pdf349.82 kBAdobe PDFView/Open
Title: 23.長距離交換モデルのスピノーダル分解(「パターン形成、運動及びその統計」研究会,研究会報告)
Authors: 早川, 尚男  KAKEN_name
古賀, 毅  KAKEN_name
Author's alias: Hayakawa, Hisao
Koga, Tsuyoshi
Issue Date: 20-Jul-1990
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 54
Issue: 4
Start page: 363
End page: 371
Abstract: 本講演では長距離交換モデルを導入してそのスピノーダル分解を論じた。特徴的長さは本文中の式(6)-(8)に示される発展則に従い、散乱関数及び相関関数は特徴的長さでスケールされることを理論的、数値的に見いだした。更に平均場理論を導入することで散乱関数及び相関関数のスケーリング形を説明することに成功した。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/94098
Appears in Collections:Vol.54 No.4

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.