Access count of this item: 319

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004761003.pdf301.51 kBAdobe PDFView/Open
Title: Quantized Hall Conductivity, Dirac Fermion and the Nielsen-Ninomiya Theorem
Authors: 押川, 正毅  KAKEN_name
Author's alias: Oshikawa, Masaki
Issue Date: 20-Mar-1994
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 61
Issue: 6
Start page: 613
End page: 617
Abstract: 2次元の相互作用のないBloch電子系のHall伝導度を考察する。このとき、バンドギャップが極小となる点は2+1次元のDiracフェルミオンと見なすことができるが、一般にBloch電子系のHall伝導度の値は、Diracフェルミオンを用いた議論では与えられないことを示す。その一方で、ハミルトニアン中のパラメータを変化させた時にギャップが閉じるとHall伝導度は変化するが、この変化はDiracフェルミオンを用いた議論で正しく与えられることを証明する。証明には、3+1次元におけるNielsen-Ninomiyaの定理の'intuitive topological proof'を応用する。この証明を通じて、Hall伝導度のトポロジカルな側面とDiracフェルミオンの関係が明らかにされる。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/95280
Appears in Collections:Vol.61 No.6

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.