Access count of this item: 156

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004711650.pdf166.98 kBAdobe PDFView/Open
Title: 熱平衡状態の存在と一般的なエントロピー合成則(第9回『非平衡系の統計物理』シンポジウム,研究会報告)
Authors: 阿部, 純義  KAKEN_name
Author's alias: Abe, Sumiyoshi
Issue Date: 20-Feb-2002
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 77
Issue: 5
Start page: 838
End page: 842
Abstract: エントロピーの"composability"とは、統計的に独立ないくつかの部分系から成る系全体のエントロピーが、各部分系のエントロピーの何らかの関数で表わされることをいう。このように一般化されたエントロピーの合成則は、実は決して任意ではあり得ない。熱力学の第ゼロ法則と熱平衡状態の存在に関する要請は、この合成則に厳しい制限を与えることが示される。本稿では、最近証明された、一般的なcomposableエントロピーの合成則に対する定理について解説する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/97182
Appears in Collections:Vol.77 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.