Access count of this item: 146

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004704720.pdf318.43 kBAdobe PDFView/Open
Title: 分子から細胞への進化 : 人工化学反応系によるシミュレーション(複雑な多谷ポテンシャルエネルギー面上で生起する動力学的諸問題-力学的決定性と統計性の中間領域を探る(第2回)-,研究会報告)
Authors: 小野, 直亮  KAKEN_name
Author's alias: Ono, Naoaki
Issue Date: 20-Jul-2002
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 78
Issue: 4
Start page: 416
End page: 420
Abstract: 原始自己複製系の進化の中で、分子を単位とした化学進化から細胞を単位とした進化へ、という異なる階層のダイナミクスの移行がどのようにしたら起こり得るかを理解するために、分子の化学反応と相互作用を抽象化したモデルを構成し、計算機シミュレーションを行った。その結果、細胞以前の化学進化の中から原始的な細胞膜を生成するような代謝系が生まれ、原始的な細胞を自発的に形成し得ること、及び形成された原始細胞が、自発的に成長、分裂を繰り返し、新たな進化の単位としてふるまうことができることが示された。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/97261
Appears in Collections:Vol.78 No.4

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.