Access count of this item: 308

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004705533.pdf736.88 kBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author藤, 博幸ja
dc.contributor.author桑田, 和正ja
dc.contributor.alternativeTo, Hiroyukija
dc.contributor.alternativeKuwada, Kazumasaja
dc.contributor.transcriptionトウ, ヒロユキja
dc.contributor.transcriptionクワダ, カズマサja
dc.date.accessioned2010-02-10T06:48:45Z-
dc.date.available2010-02-10T06:48:45Z-
dc.date.issued2003-10-20ja
dc.identifier.issn0525-2997ja
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/97612-
dc.descriptionこの論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。ja
dc.description.abstractこの講演では分子進化学からのバイオインフォマティクスへのアプローチを紹介する。ここでは種の進化を離れ、生体システムの進化、特にそれを支えるタンパク質の進化の情報をもとにしてタンパク質の機能や構造の解析を行う。まず始めに、最近の分子生命科学の状況について講演者の視点から簡単に解説する。次に、タンパク質の機能解析を「生化学的機能」と「生物学的機能」の2つに分け、各々について話を展開する。また、どのような観点から上の2つの機能を分類するかは、イントロダクションの中で述べる。ja
dc.format.mimetypeapplication/pdfja
dc.language.isojpnja
dc.publisher物性研究刊行会ja
dc.subject.ndc428ja
dc.title応用分子進化学 : タンパク質の機能解析を例として(数学者のための分子生物学入門,研究会報告)ja
dc.type.niitypeDepartmental Bulletin Paperja
dc.identifier.ncidAN0021948Xja
dc.identifier.jtitle物性研究ja
dc.identifier.volume81ja
dc.identifier.issue1ja
dc.identifier.spage81ja
dc.identifier.epage92ja
dc.textversionpublisherja
dc.sortkey011ja
dc.address京都大学化学研究所ja
dc.address京都大学情報学研究科ja
Appears in Collections:Vol.81 No.1

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.