Access count of this item: 151

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004705827.pdf253.77 kBAdobe PDFView/Open
Title: 連続測定に起因する量子カオス(1)量子力学とカオスのボーダーにおける基礎的問題,京大基研短期研究会 量子力学とカオス-基礎的問題からナノサイエンスまで-,研究会報告)
Other Titles: Quantum chaos caused by the continuous measurement
Authors: 鎮目, 浩輔  KAKEN_name
Habib, S.
Jacobs, K.
Issue Date: 20-Aug-2004
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 82
Issue: 5
Start page: 670
End page: 673
Abstract: 量子的Duffing振動子が弱い連続測定を受ける場合の運動を調べた。その結果、連続測定の強度が弱く系の運動に量子性が残る場合でも位置、運動量の量子的期待値の軌道にカオス的な振舞いが表れることを見出した。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/97883
Appears in Collections:Vol.82 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.