Access count of this item: 204

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004705826.pdf159.97 kBAdobe PDFView/Open
Title: 量子KAMトーラスについて(1)量子力学とカオスのボーダーにおける基礎的問題,京大基研短期研究会 量子力学とカオス-基礎的問題からナノサイエンスまで-,研究会報告)
Authors: 齋藤, 暁  KAKEN_name
入澤, 学  KAKEN_name
川口, 弘  KAKEN_name
Author's alias: Saito, Akira
Irisawa, Manabu
Kawaguchi, Hiroshi
Issue Date: 20-Aug-2004
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 82
Issue: 5
Start page: 666
End page: 669
Abstract: 古典力学における「完全可積分系」はArnoldのトーラス上の運動として明確に記述される。そしてその軌道が安定に存在し続けるか、それともカオスに崩壊するかはKAMの定理によって判定できる。量子系についても、同時対角化可能な演算子が自由度の数だけ在れば、系の状態を完全に決定することが出来る。しかし量子論的なKAMの定理はあるのだろうか?前回はGallavotti等の仕事を参照しながら、場の理論的手法が量子系のKAMの定理を導く可能性について考察した[1]。今回は具体的にFeynman則を得たので報告する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/97884
Appears in Collections:Vol.82 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.