このアイテムのアクセス数: 449

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
43_0061.pdf1.93 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 肺癌及び膵癌を原発とする転移性陰茎腫瘍の2例
その他のタイトル: Metastatic tumor to the penis from lung and pancreas cancer: report of two cases
著者: 檀野, 祥三  KAKEN_name
岡田, 日佳  KAKEN_name
三上, 修  KAKEN_name
川村, 博  KAKEN_name
大原, 孝  KAKEN_name
松田, 公志  KAKEN_name
著者名の別形: Danno, Shozo
Okada, Hiyoshi
Mikami, Osamu
Kawamura, Hiroshi
Ohara, Takashi
Matsuda, Tadashi
キーワード: Adenocarcinoma/secondary
Aged
Carcinoma, Squamous Cell/secondary
Humans
Lung Neoplasms/pathology
Male
Middle Aged
Pancreatic Neoplasms/pathology
Penile Neoplasms/secondary
Prognosis
発行日: Jan-1997
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 43
号: 1
開始ページ: 61
終了ページ: 63
抄録: 症例1:65歳男.陰茎背部の硬結を主訴とした. 症例2:62歳男.症例1と同じ主訴をもち,原発巣はそれぞれ肺癌(約4ヵ月前から化学療法及びCo照射施行)及び膵癌(約40ヵ月前に膵頭十二指腸切除施行)であった. 症例1は転移性陰茎腫瘍診断後約3ヵ月に多発性転移をきたし死亡した.症例2は膵癌の陰茎転移と診断後約14ヵ月に癌性悪液質で死亡した
Neoplasms metastasizing to the penis are uncommon, and occur at the end stage of carcinoma. We describe two patients with a metastatic lesion to the penis from lung squamous cell carcinoma and pancreatic adenocarcinoma. We reviewed 101 cases with secondary penile tumor. The prognosis of secondary penile tumor is extremely poor.
URI: http://hdl.handle.net/2433/115878
PubMed ID: 9046426
出現コレクション:Vol.43 No.1

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。