このアイテムのアクセス数: 148

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
33_658.pdf5.07 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 尿路結石内の真菌の観察
その他のタイトル: Observation on fungi within urinary stones
著者: 竹内, 秀雄  KAKEN_name
小西, 平  KAKEN_name
友吉, 唯夫  KAKEN_name
著者名の別形: TAKEUCHI, Hideo
KONISHI, Taira
TOMOYOSHI, Tadao
キーワード: Urinary calculi
Fungi
Microscopical studies
発行日: May-1987
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要
巻: 33
号: 5
開始ページ: 658
終了ページ: 661
抄録: 薄切標本および走査電顕にて,結石内の真菌の観察を2症例の結石について行った.1)症例1は結石内の一部の層に菌糸および胞子などの菌要素がみられ,過去に真菌性尿路感染症があったものと推察され,症例2は黒色真菌が結石表層にみとめられ,結石摘出後付着し,結石内に侵入したものと推察された.2)結石内には,真菌が増殖する結晶間隙が十分にあり,また結石表面より内部にも侵入する事ができるものと思われ,侵入増殖は丁度組織内での侵入と同じようであった
We examined the fungi within the urinary stones of two cases by light microscopy and scanning electron microscopy. In one case, fungal elements, hyphae and spores, were found in some layers within a bladder stone. This patient probably had a history of fungal urinary infection. In another case brown hyphae suggesting dematiaceous fungi were found in the surface and peripheral layers of a kidney stone. This maybe due to contamination of the fungi after removal of the stones. These fungi invaded into interstices of the apatite crystals within the stone as in the tissue.
URI: http://hdl.handle.net/2433/119143
PubMed ID: 3661331
出現コレクション:Vol.33 No.5

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。