Access count of this item: 734

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
98_205.pdf3.95 MBAdobe PDFView/Open
Title: 多数性としてのゲスト--北インド・ダラムサラを事例に
Other Titles: Guests as multiplicity/hybridity: the case study in Dharamsala, north India
Authors: 山本, 達也  KAKEN_name
Author's alias: Yamamoto, Tatsuya
Keywords: 観光人類学
観光客
真正性
ダラムサラ
チベット難民
Issue Date: 30-Dec-2009
Publisher: 京都大學人文科學研究所
Journal title: 人文學報 = The Zinbun Gakuhō : Journal of Humanities
Volume: 98
Start page: 205
End page: 228
Abstract: 本論は,チベット難民が多く居住する北インドのダラムサラに訪れる観光客に焦点を当て,そこで観光客たちが見せる,一筋縄ではいかない多彩な視点や反応に着目する。それらを通して,観光客という存在やそれを取りまいてきた研究の前提を問い直すことを目的とするものである。ブーアスティンに始まり,マッカネルを経由してその議論が始まった1970年代以降数々の理論的進展を成し遂げてきた観光社会学,観光人類学に代表される旧来の観光研究は,観光客という存在や彼らの実践を考える際に,特に「真正性」という観点を軸として考察を展開してきた。こういった研究は,観光客という存在を,「真正性を求める」「真正性に興味がない」というふうにアプリオリに定義し,その前提をもとに,こういった研究は議論を展開していった。だが,観光客はこのように定義されるべきものなのであろうか。このように特定の視点を持ってのみ観光に臨むのであろうか。むしろ,観光客は多彩な視点を持って観光に臨んでいるし,また,現地での情報や出会いを通して,状況に応じて極めてアドホックに視点を変えていく存在なのではないだろうか。「真正性」を軸にしてアプリオリに定義された観光客像を持って議論を展開してきた旧来の諸研究は,その前提にはまらない観光客を捨象してしまい,また,現地で遭遇した出来事により「真正性」に対する視点を変更したり,その間で揺れ動くような状況が生じたりした観光客を考察することができていない。こういった研究が保持しているのは,西洋近代が提示してきた,同一性を前提とした主体観ではないだろうか。こういった視点を保持するよりも,我々は,観光客をもっと開かれた視点から考察する必要があるだろう。本論が提示する事例は,旧来の研究がアプリオリに設定していた観光客という存在に再考を迫るものである。
This paper explores different viewpoints and reactions from guests who visit at Dharamsala in North India where a vast majority of Tibetan refugee are living. Based on this case study, this paper reconsiders the premise of previous studies about "the guest". Since the 1970's, numerous scholars have developed their studies of tourism on a certain premise of ‘the authenticity’. They have treated "the guest" and "the tourist" as either "those who desires the authenticity in tourism" or "those who are indifferent to the authenticity in tourism". Those earlier studies therefore have regarded them simply as the premised categories. However, I question the validity of such premises in previous studies, by asking if we can define them in advance, and if they actually enjoy a tour in such a simply perspective. This paper argues that guests and tourists approach their tourism with diverse interests and viewpoints. The tourists can change their perspectives when they learn some critical information or they come across someone who can significantly affect their thought on 'the authenticity’. In essence, this case study criticizes the previous studies on the tourism and reconsiders their premise on guests and tourists.
DOI: 10.14989/134782
URI: http://hdl.handle.net/2433/134782
Appears in Collections:第98号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.