Access count of this item: 5389

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
edsy10_153.pdf525.61 kBAdobe PDFView/Open
Title: <特集>中国におけるお茶文化の展開とその日本への初期伝来
Other Titles: <Material Reviews>The Development of Chinese Tea Culture and its Early Spreading in Medieval Japan
Authors: 徐, 静波  KAKEN_name
Author's alias: XU, Jingbo
Keywords: 茶文化
茶文化中日文化交流史
Issue Date: Mar-2011
Publisher: 京都大学大学院教育学研究科生涯教育学講座
Journal title: 京都大学生涯教育学・図書館情報学研究
Volume: 10
Start page: 153
End page: 163
Abstract: 秦の時代までは、茶というものはすでに中国の南西地方で食され、また飲用されていた。漢 の時代以後は次第に四川あたりから長江の中流や下流流域に広がり、薬用価値のある食べもの あるいは飲みものとみなされ、惰や唐の時代(約紀元6世紀前後)から、お茶を飲む文化が次 第に全国に広がり、お茶は最も重要な非アルコール飲料としての地位が中国で正式に確立した。 中国から日本に伝来した初期のお茶文化は、凡そ平安時代前期(9世紀前後)の頃に、半世紀 にわたって滅んでしまい、一般社会に定着できなかった。その理由としては、遣唐使廃止によっ て中国大陸とのつながりが薄くなったこと、初期に伝来したお茶の文化の広がる範囲が極めて 狭かったこと、日本人がそれを能動的、創造的に改造する努力が十分でなかったこと、唐代の 餅茶の製茶工程の繁雑さなどが挙げられる。
URI: http://hdl.handle.net/2433/139407
Appears in Collections:第10号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.