Access count of this item: 1268

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00005189122.pdf2.36 MBAdobe PDFView/Open
Title: 流れる粉体
Authors: 御手洗, 菜美子  KAKEN_name
Author's alias: Mitarai, Namiko
Issue Date: 20-Jan-2009
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 91
Issue: 4
Start page: 371
End page: 401
Abstract: 本稿では、粉体の流れと、その連続体記述を中心に紹介する。粉体は巨視的な大きさを持つ粒子の集まりであり、粒子の持つ運動エネルギーはいずれ熱に散逸されてしまう。従って、粉体流を維持するには外部からのエネルギーの流入が必要であり、流入と散逸のバランスによって様々な振る舞いが見られる。まず最初に、流入エネルギーが大きく、二体衝突が主な相互作用となる流れと、流入エネルギーが小さく、長時間の接触がおこる流れの違いについて、粒子が硬い極限の振る舞いを参照しながら考える。次に、衝突が支配的な流れについて、非弾性剛体球の運動論に基づいた流体モデルによる解析を紹介する。最後に、高密度な粉体流について広くなりたつことが知られている、せん断応力が速度勾配の二乗に比例するという「バグノルド則」に触れ、関係する知見を紹介する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/142748
Appears in Collections:Vol.91 No.4

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.