このアイテムのアクセス数: 375

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
jor059_3_429.pdf1.98 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ガルダン・ハルハ・淸朝・チベットが共通に名分としていた「佛敎政治」思想 : 滿州文・モンゴル文・漢文「朔漠方略」の史料批判に基づいて
その他のタイトル: On the Concept of Buddhist Government Held in University High Regard by dGa' Idan, Qalq-a, Tibetan and Qing Dynasties : Based on a Critical Analysis of the Mongol and Chinese Editions of the Shuo mo fang lüe 朔漠方略
ガルダン・ハルハ・清朝・チベットが共通に名分としていた「仏教政治」思想 : 満州文・モンゴル文・漢文「朔漠方略」の史料批判に基づいて
著者: 石濱, 裕美子  KAKEN_name
著者名の別形: ISHIHAMA, Yumiko
発行日: 31-Dec-2000
出版者: 東洋史研究會
誌名: 東洋史研究
巻: 59
号: 3
開始ページ: 429
終了ページ: 456
DOI: 10.14989/155359
URI: http://hdl.handle.net/2433/155359
出現コレクション:59巻3号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。