このアイテムのアクセス数: 2587

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
jinbunchiri_2012.pdf622.08 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ヨーロッパ中世詩歌「カルミナ・ブラーナ」をめぐる人文地理学的考察 : 現代合唱曲としての復活 : 人文地理学会2012年大会発表論題・配布資料
その他のタイトル: Study of the European Medieval Poetry "Carmina Burana" using Human Geographic Approach : the Revival as New Modern Great Cantata
著者: 川西, 孝男  KAKEN_name
著者名の別形: KAWANISHI, Takao
キーワード: C.オルフ「カルミナ・ブラーナ」
中世詩歌カルミナ・ブラーナ
ベネディクトボイエルン修道院
アンデクス修道院
アンデクス・メラン家
12世紀ルネサンス
文化融合
音楽芸術と人文地理学
Carmina Burana
Carl Orff
Kloster Benediktbeuern
Kloster Andechs
Haus Andechs Meran
Renaissance of 12th Century
Acculturation
Music Art and Human Geography
発行日: 18-Nov-2012
記述: 人文地理学会2012年大会(2012年11月18日(日),於:立命館大学)発表論題・配布資料
著作権等: This is not the published version. Please cite only the published version. この論文は出版社版でありません。引用の際には出版社版をご確認ご利用ください。
URI: http://hdl.handle.net/2433/161907
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。