このアイテムのアクセス数: 270

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
jscejaie.69.76.pdf2.14 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 鉄道跡地の遊歩道利用におけるレールバンク制度の運用と有効性 -ハイラインにおける合意形成の制度的枠組み-
その他のタイトル: THE ACTUAL CONDITION AND EFFECTIVENESS OF THE RAILBANKING PROGRAM IN THE CONVERSION OF FORMER RAIL CORRIDORS TO TRAILS -THE INSTITUTIONAL FRAMEWORK FOR THE CONSENSUS BUILDING TOWARD THE REUSE OF THE HIGH LINE-
著者: 木村, 優介  kyouindb  KAKEN_id
山口, 敬太  kyouindb  KAKEN_id
久保田, 善明  KAKEN_name
川崎, 雅史  KAKEN_name
著者名の別形: KIMURA, Yusuke
YAMAGUCHI, Keita
KUBOTA, Yoshiaki
KAWASAKI, Masashi
キーワード: High Line, rail bank
consensus building
National Trails System Act
Surface Transportation Board
Certificate of Interim Trail Use
発行日: 2013
出版者: 公益社団法人 土木学会
誌名: 土木学会論文集 D1
巻: 69
号: 1
開始ページ: 76
終了ページ: 89
抄録: 本研究では,米国の連邦制度であるレールバンクの枠組みを示した上で,ハイラインの再利用における所有権獲得の過程とレールバンクの役割について,実際の手続きにおける運用,全体計画に対するレールバンクの有効性という観点から明らかにすることを目的とする.結果,以下の点を明らかにした.1) 反対派の土地所有者によって路線廃止申請が行われる中,事前にレールバンクの利点を認識したニューヨーク市がトレイル申請を行うことで論点を転換し,反対派と密に合意形成を図る場を確保できた.2) 再利用の枠組みをトレイル法に求めたことで,ハイラインは交通路としても位置付けられ,連邦補助金を獲得する優位性を確保できた. さらに鉄道復帰に関する費用負担の代わりに,空間デザインの制約を緩和できる契約を通じて,大規模な施設の改変を保証できた.
In this paper, we focused on the reuse project of the High Line, a former railroad viaduct converted into a public open space in New York City. We addressed the acquisition process of the High Line by the City of New York, and the role that a federal program called “railbanking” played. With regard to actual issues concerning procedures and the effectiveness of railbanking in the context of reuse, we demonstrate that: (1) While owners of the land under or adjacent to the High Line proposed its abandonment to the federal government and opposed its reuse, the city filed a trail use request for railbanking the High Line with the government. This switched the focus of the arguments. Thus, the city was offered the opportunity to negotiate and come to a consensus with the landowners. (2) As a result of the legal rules surrounding railbanking, the High Line has been positioned as a trail, and as such, acts as a traffic route. Therefore, the city had the advantage of obtaining federal transportation grants. Furthermore, the city established a contractual agreement with a railroad to ease design conditions in exchange for financially supporting the restoration of a future rail service on the High Line. This has enabled this creative design to move forward.
著作権等: © 2013 公益社団法人 土木学会
URI: http://hdl.handle.net/2433/179305
DOI(出版社版): 10.2208/jscejaie.69.76
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。