このアイテムのアクセス数: 150

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
IEICE.RCC2014-25.pdf110.74 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: スパース最適制御の数値計算について
その他のタイトル: On Numerical Computation of Sparse Optimal Control
著者: 池田, 卓矢  KAKEN_name
永原, 正章  KAKEN_name
著者名の別形: Ikeda, Takuya
Nagahara, Masaaki
キーワード: スパース最適制御
L^1 最適制御
凸最適化
省エネルギー
発行日: 2014
出版者: 社団法人 電子情報通信学会(IEICE)
誌名: 電子情報通信学会技術研究報告
抄録: 本稿では,状態のL^2 正則化項を考慮したスパース最適制御を考察する. まず,この問題の最適解が,制御問題の正規性の仮定の下でL^1 最適制御の最適解と一致することを示す.これにより,スパース最適制御解の数値計算がL^1 最適制御の計算に帰着される.次に,正規性が満たされるための十分条件を導出する.また,その条件を満たすような制御問題の例を挙げ,スパース最適制御の数値計算結果を示す.
In this article, we consider sparse optimal control with L^2 regularization for the states. Under the normality assumption, we prove that the solutions of the sparse optimal control problem coincide those of an L^1 optimal control problem. By this theorem, we can numerically compute the sparse optimal control via L^1 optimal control. We also show a sufficient condition for the normality assumption, and illustrate numerical examples.
記述: [2014年7月高信頼制御通信研究会]主催:電子情報通信学会 高信頼制御通信研究専門委員会(RCC), 開催日時:2014年7月30日(水)~8月1日(金), 開催場所:京都テルサ
著作権等: ©2014 IEICE.
URI: http://hdl.handle.net/2433/190989
関連リンク: http://www.ieice.org/~rrrc/
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。