このアイテムのアクセス数: 2837

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
kwlr.2016.49..1.pdf1.05 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 日本における「忘れられる権利」に関する裁判例および議論の状況
著者: 曾我部, 真裕  KAKEN_name
著者名の別形: 曽我部, 真裕
Sogabe, Masahiro
キーワード: 忘れられる権利
検索結果削除
プライバシー
媒介者責任
知る権利
発行日: Oct-2016
出版者: 江原大学校比較法学研究所
誌名: 江原法學 = KANGWON LAW REVIEW
巻: 49
開始ページ: 1
終了ページ: 23
抄録: EU法とは異なり、日本では「忘れられる権利」は、独自の権利としては捉えられていない。 EU個人データ保護規則に対応する個人情報保護法は、検索サービスには適用されないと考え られている。そこで、それに対応する問題は、名誉権またはプライバシー権の一部としての検索結 果等の削除を求める権利として考えられており、裁判所で争われる事例は相当数存在する。しか し、具体的な削除等の基準としては、下級審裁判例は、比較衡量論をとるものと、明白性基準 をとるものとに分かれており、最高裁の判断を待っている状況にある。他方、自主的な削除基準を 公表する検索サービス事業者もあり、総務省としても自主的な取組を推進している。こうした状況 の中、立法論を主張する論者は少数であり、最高裁の判断が今後の基準になりそうである。
記述: 강원대학교 비교법학연구소 강원법학 제49권, (2016. 10) 1-23쪽.
著作権等: 出版者の許可を得て登録しています. Publisher permitted posting the final published paper on this repository.
URI: http://hdl.handle.net/2433/217464
DOI(出版社版): 10.18215/kwlr.2016.49..1
関連リンク: http://www.dbpia.co.kr/Journal/IssueList/PLCT00001448
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。