このアイテムのアクセス数: 145

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
reeps.9.1_14.pdf879.26 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 新しい富の指標計測:持続可能性計測研究の過去と未来
その他のタイトル: Inclusive Wealth Measurement:The Past and Future of Sustainability Assessment
著者: 山口, 臨太郎  KAKEN_id
大久保, 和宣  KAKEN_name
佐藤, 真行  KAKEN_name
篭橋, 一輝  KAKEN_name
馬奈木, 俊介  KAKEN_name
著者名の別形: Yamaguchi, Rintaro
Ohkubo, Kazunobu
Sato, Masayuki
Kagohashi, Kazuki
Managi, Shunsuke
キーワード: 持続可能性

ジェニュイン・セイビング
シャドー価格
環境評価
sustainability
wealth
genuine savings
shadow price
environmental valuation
発行日: Mar-2016
出版者: 環境経済・政策学会
誌名: 環境経済・政策研究
巻: 9
号: 1
開始ページ: 14
終了ページ: 27
抄録: 自然資本を含めた包括的な富が減らないことが持続可能性の必要条件であることが理論的に明らかにされたことを受け,近年,それを実際に計測した「新国富」が持続可能性指標として注目されている.本稿では,これまでの政策・理論・実証研究上の背景をレビューし,一例として水を自然資本に組み入れる際の課題を検討する.今後の研究課題として,世代内衡平性,人口減少の影響,集計の空間的範囲,シャドー価格の推計などを指摘する.
It has been theoretically shown that a necessary condition for sustainability is ensuring that comprehensive wealth--including natural capital--does not decrease. Because of this, in recent years the Inclusive Wealth Index, which actually measures this wealth, has attracted attention as a sustainability indicator. In this paper, we review the policy, theoretical, and empirical research background, and as one example we examine the issues encountered when incorporating water into natural capital. Intra-generational equity, the effects of population decline, aggregate spatial scale, and shadow price estimates are identified as areas for future research.
著作権等: Copyright © 2016 環境経済・政策学会
URI: http://hdl.handle.net/2433/217924
DOI(出版社版): 10.14927/reeps.9.1_14
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。