このアイテムのアクセス数: 0

このアイテムのファイル:
このアイテムは一定期間後に公開されます。
公開日については,アイテム画面の「著作権等」でご確認ください。
タイトル: 交叉性異所性融合腎に発生した腎細胞癌に対して腎部分切除術を施行した1例
その他のタイトル: A Case of Renal Cell Carcinoma in a Crossed Fused Ectopic Kidney Treated with Partial Nephrectomy
著者: 岡田, 学  KAKEN_name
前鼻, 健志  KAKEN_name
田中, 俊明  KAKEN_name
北村, 寛  KAKEN_name
著者名の別形: Okada, Manabu
Maehana, Takeshi
Tanaka, Toshiaki
Kitamura, Hiroshi
Masumori, Naoya
キーワード: Crossed fused ectopic kidney
Renal cell carcinoma
発行日: 31-Jan-2017
出版者: 泌尿器科紀要刊行会
誌名: 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica
巻: 63
号: 1
開始ページ: 15
終了ページ: 20
抄録: A 76-year-old man came to the department of gastrointestinal medicine with lower left abdominal discomfort and constipation. A crossed fused ectopic kidney with a renal tumor in the left upper pole of the kidney was detected by computed tomography. We performed left partial nephrectomy safely in spite of the complicated shape and complexity of the blood vessels. The pathological diagnosis was clear cell renal cell carcinoma, pT3a, with a negative surgical margin. After surgery, renal function was well preserved.
著作権等: 許諾条件により本文は2018/02/01に公開
DOI: 10.14989/ActaUrolJap_63_1_15
URI: http://hdl.handle.net/2433/218500
PubMed ID: 28245540
出現コレクション:Vol.63 No.1

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。