このアイテムのアクセス数: 83

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
doboku.keikaku_56_174.pdf408.33 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 緊急支援輸送(ERL)を行う船舶輸送のシミュレーション
その他のタイトル: Simulation Model of Maritime Transport for Emergency Relief Logistics
著者: 熊谷, 兼太郎  kyouindb  KAKEN_id
小野, 憲司  KAKEN_name
赤倉, 康寛  KAKEN_name
著者名の別形: Kumagai, Kentaro
Ono, Kenji
Akakura, Yasuhiro
キーワード: Emergency Relief Logistics
Numerical simulation
Earthquake
Maritime transport
発行日: Nov-2017
出版者: 土木学会
誌名: 土木計画学研究・講演集 = Proceedings of Infrastructure Planning
巻: 56
開始ページ: 1
終了ページ: 4
論文番号: 174
抄録: 大規模地震の発生直後から一定の期間,緊急支援輸送(Emergency Relief Logistics,ERL)が行われる.港湾利用のERLのボトルネックとなる可能性の高い過程を把握するために,小野ら(2015)の数値シミュレーションを参考に,タンカー,貨物船及びフェリーという3種類の船舶が船舶輸送を行うようにモデルを改良した.さらに,単純な条件設定ではあるものの,2011年東日本大震災の際にERLに携わった船舶数を参考にそれぞれの船舶数を推定することにより,南海トラフ地震の発生に伴う被害が懸念されている高知港について試算を行った.
Emergency Relief Logistics will play an important roll immediately after a large earthquake. In order to assess the process which will be a bottleneck/bottlenecks of ERL through port, the authors modified a numerical simulation model developped by Ono et al. (2015). The new model can handle three types of vessels: tankers, cargo ships and ferrys. In addition, although it is a simple condition setting, the number of each types of vessels was estimated with reference to the number of vessels engaged in ERL at the 2011 East Japan great earthquake. We conducted a trial calculation on the port of Kochi where the high risk of damage will be assumed by the Nankai Trough Earthquake.
著作権等: © 土木学会
URI: http://hdl.handle.net/2433/227756
出現コレクション:学術雑誌掲載論文

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。