このアイテムのアクセス数: 17

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
Himalayan-19-214.pdf2.21 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <紀行・エッセー・感想文>地域在住高齢者に関するフィールド医学実習 --平成29年度参加者による報告集--
その他のタイトル: <Report and Essay>Practice of Field Medicine Related to Health Maintenance for Community-Dwelling Elderly People in 2017
著者: 坂本, 龍太  KAKEN_name
渡辺, 真光  KAKEN_name
星野, 剛志  KAKEN_name
田村, 浩平  KAKEN_name
吉本, 大治  KAKEN_name
見上, 太郎  KAKEN_name
小高, 真美  KAKEN_name
野田, 遥  KAKEN_name
田中, 絵理  KAKEN_name
蒲生, 彩香  KAKEN_name
神山, 花凜  KAKEN_name
安東, 薫  KAKEN_name
大瀧, 美歩乃  KAKEN_name
中村, 泰隆  KAKEN_name
上田, 眞帆  KAKEN_name
鈴木, 伸  KAKEN_name
Jin, Qimin
上田, 早紀  KAKEN_name
太田, 敦  KAKEN_name
水野, あゆ菜  KAKEN_name
浅羽, 成実  KAKEN_name
吉田, 匠悟  KAKEN_name
田中, 香  KAKEN_name
花崎, 里沙  KAKEN_name
松木, 華帆  KAKEN_name
楯, ゆかり  KAKEN_name
岡田, 楓華  KAKEN_name
松林, 公蔵  KAKEN_name
著者名の別形: Sakamoto, Ryota
Watanabe, Masateru
Hoshino, Takashi
Tamura, Kohei
Yoshimoto, Daiji
Mikami, Taro
Kotaka, Manami
Noda, Haruka
Tanaka, Eri
Gamo, Ayaka
Kamiyama, Karin
Ando, Kaoru
Otaki, Mihono
Nakamura, Yasutaka
Ueda, Maho
Suzuki, Shin
Jin Qimin
Ueda, Saki
Ota, Atsushi
Mizuno, Ayuna
Asaba, Narumi
Yoshida, Shogo
Tanaka, Kaori
Hanazaki, Risa
Matsuki, Kaho
Tate, Yukari
Okada, Fuka
Matsubayashi, Kozo
キーワード: 土佐町
フィールド医学
ご長寿健診
Tosa town
Field Medicine
Health maintenance for community-dwelling elderly people
発行日: 28-Mar-2018
出版者: 京都大学ヒマラヤ研究会; 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院; 京都大学ヒマラヤ研究ユニット
誌名: ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs
巻: 19
開始ページ: 214
終了ページ: 240
抄録: 平成29年8月6日~8月11日高知県土佐町において地域在住高齢者に関するフィールド医学実習を行った。このプログラムでは、学生らが75歳以上の地域在住高齢者を対象とするご長寿健診にスタッフとして参加する。この健診は、高齢になっても住み慣れた地域で元気に生活していけることを目的に、平成16年から開始され今年で14年目を迎えた。その間、土佐町の平均寿命が女性県下第一位、男性第三位となり、同時に、県下で最も高かった介護保険料が抑制されるなどの効果がみられた。この活動が元となり、ブータンにおいて国家規模で高齢者健診が開始されるなど海外でも応用されている。平成29年度は京都大学、東京女子医科大学、高知大学、新潟大学、大阪大学、九州歯科大学、デブレツェン大学、高知県立大学など海外を含む様々な大学から学生が集まり、健診の実施にあたった。本稿では、学生がどのような想いで土佐町に集まり、何を得たと感じているのかを彼ら自身の言葉で紹介したい。
During the week of August 6th, 2017, we conducted "Practice of Field Medicine related to health maintenance for community-dwelling elderly people" in Tosa town. In this program, students participate into health checkups for the community-dwelling elderly as staff members. The program was started in 2004 for the purpose of enabling the elderly to live in their home land cheerfully. During the last 14 years, the life expectancy of Tosa town became the longest for women and the 3rd longest for men in Kochi Prefecture. Before the program, the premium for nursing-care insurance of Tosa town was the highest in the prefecture. But now, it became suppressed compared with other towns in the prefecture. Based on the activities in Tosa town, the Bhutanese government is now trying to introduce health checkup system for the elderly on a national scale. In 2017, students came to Tosa town to participate into the program from various universities such as Kyoto University, Tokyo Women's Medical University, Kochi University, Niigata University, Osaka University, Kyushu Dental University, University of Debrecen, and University of Kochi. In this article, we would like to introduce what made the students come to Tosa town and what they got through the experiences in Tosa town with their own words.
DOI: 10.14989/HSM.19.214
URI: http://hdl.handle.net/2433/235152
出現コレクション:第19号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。