Access count of this item: 8

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
shirin_061_6_795.pdf1.73 MBAdobe PDFView/Open
Title: <論説>十六世紀ヴェネツィア史における政治意識の覚醒
Other Titles: <Articles>Awakening of Venetian Political Consciousness in the Sixteenth Century
Authors: 永井, 三明  KAKEN_name
Author's alias: Nagai, Mitsuaki
Issue Date: 1-Nov-1978
Publisher: 史学研究会 (京都大学文学部内)
Journal title: 史林 = THE SHIRIN or the JOURNAL OF HISTORY
Volume: 61
Issue: 6
Start page: 795
End page: 826
Abstract: 十六世紀当初のヴェネツィアにおける政治意識の覚醒が、何によってもたらされたかを検討するのが本稿の目的である。そのために、一五〇九年から始まったカンブレー同盟戦争がヴェネツィア人の意識、文化の上におよぼした影響をのべ、さらに、十五世紀末から十六世紀当初にかけてのパドヴァ・ヴェネツィアの思想界の情況を概観し、それが人間社会の冷静な観察をもたらすものであることをのべる。以上の政治の世界と思想の世界との情況を前提として、ガスパーロ・コソタリー二が、行動的生活と隠遁的生活との相克に苦しみながら、政治生活の道を選択した理由は、彼の哲学研究とくにポンポナッツィの思想の影響によることを示す。そして彼の主著『ヴェネツィアの行政官と共和国』を通して、彼の政治思想を検討する。
Description: 個人情報保護のため削除部分あり
DOI: 10.14989/shirin_61_795-2
URI: http://hdl.handle.net/2433/238454
Appears in Collections:61巻6号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.