Access count of this item: 0

Files in This Item:
This article will be available after a certain embargo period.
Please see the "Rights" information in item metadata display about embargo date.
Title: トポロジー最適化の今昔
Authors: 山田, 崇恭  KAKEN_name
Author's alias: YAMADA, Takayuki
Keywords: Topology Optimization
Optimum Design
Structural Design
Computer Aided Design
Sensitivity Analysis
Issue Date: 5-Apr-2019
Publisher: 日本航空宇宙学会
Journal title: 日本航空宇宙学会誌 : Journal of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences
Volume: 67
Issue: 4
Start page: 127
End page: 132
Abstract: トポロジー最適化は,ある形状設計課題において,力学的観点から最適な形状を創成する方法であり,構㐀最適化手法の中で,最も設計自由度の高い方法である.トポロジー最適化を用いれば,高い性能を持つ設計解が得られる可能性があるが,得られる構㐀は幾何学的に複雑な部分構㐀を含む場合が多く,一般的に製㐀が困難である.他方で,幾何学的に複雑な構㐀を㐀形可能とする積層㐀形技術が発展及び普及してきた.このような背景の中,近年,トポロジー最適化法も注目されるようになり,産業製品への展開も検討されつつある.本記事では,トポロジー最適化の方法論に関する歴史的な背景とその動向について概説する.また,トポロジー最適化を理解する上で,躓きやすい基本的な事項を中心に取り上げる.特に,最適化アルゴリズムの構築で要となる感度解析についてその導出過程を具体的に示す.
Description: 特集「設計最適化・設計探索」
Rights: ©2019 日本航空宇宙学会
The full-text file will be made open to the public on 5 April 2024 in accordance with publisher's 'Terms and Conditions for Self-Archiving'.
許諾条件に基づいて掲載しています。
URI: http://hdl.handle.net/2433/241362
DOI(Published Version): 10.14822/kjsass.67.4_127
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.