Downloads: 87

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
AACR_39_039A03.pdf5.36 MBAdobe PDFView/Open
Title: 多環芳香族化合物の大気内二次生成
Other Titles: Secondary formation of polycyclic aromatic compounds in the atmosphere
Authors: 亀田, 貴之  kyouindb  KAKEN_id
Author's alias: Kameda, Takayuki
Issue Date: 19-Jul-2018
Publisher: 日本大気化学会
Journal title: 大気化学研究 = Archives of Atmospheric Chemistry Research
Volume: 39
Thesis number: 039A03
Abstract: 多環芳香族炭化水素(Polycyclic Aromatic Hydrocarbons; PAH)ならびにその誘導体に代表される多環芳香族化合物は, 大気環境中に広く存在する有害有機化合物群である。PAH は主に化石燃料やバイオマス燃料などの燃焼過程において発生するが, それら一次生成した PAH が大気中の様々な化学反応により変化し, PAH 誘導体を二次生成することが知られている。ここでは筆者らの研究により得られた知見も交え, PAH 誘導体の大気内二次生成過程について概説する。
Rights: © 日本大気化学会/Japan Society of Atmospheric Chemistry
発行元の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/241698
Related Link: https://jpsac.org/wordpress/wp-content/uploads/2018/07/AACR_vol39.pdf
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.