Downloads: 21

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
journalcpij.54.1208.pdf6.41 MBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author太田, 裕通ja
dc.contributor.author神吉, 紀世子ja
dc.contributor.alternativeOta, Hirotoen
dc.contributor.alternativeKanki, Kiyokoen
dc.date.accessioned2020-04-22T04:19:31Z-
dc.date.available2020-04-22T04:19:31Z-
dc.date.issued2019-10-25-
dc.identifier.issn0916-0647-
dc.identifier.issn2185-0593-
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/250439-
dc.description.abstract本研究はジャカルタのカンポン・アクアリウム (Kampung Akuarium) を対象としては居住者による「個人」が捉えるカンポンの姿から「集団」がつくり上げる空間や秩序と自己組織化との関係を明らかにするものである。このカンポンは2016年4月、州政府によって強制立ち退き・住宅撤去が行われたが、その後居住者復帰と再建の運びとなり今まさに一からカンポンの物理的環境を構築しようとしている。物理的環境の再建に向けて、既に開発されている「都市認識」へアプローチするダイアログ手法を導入し、居住者らが抱く「カンポン」の姿へ迫った。結果12名の居住者「個人」が捉える自地域の姿と成り立ちを明らかにし、その中での価値付けに基づく空間的関与が撤去後に仮設されたシェルターの住環境にも反映され、実現している空間があることを確認した。さらに、撤去により物理的環境が失われても自律的に残っている「集団」がTempat Nyamanの存在や、漁村、密集市街地ならではの空間性を共有していることを明らかにした。以上から「個人」の多様な捉え方と関与の実現を許容しつつ、同時に異なるレベルで「集団」によって自律的に生まれる秩序とその実現が住環境をつくり上げていくというある種の自己組織化が明らかになった。ja
dc.description.abstractThe purpose of this study is to grasp the mechanism of self-organization in urban kampung: Kampung Akuarium, Jakarta. The eviction in April 2016 caused 500+ families to lose their home in this Kampung. But due to a policy and leadership shift, the government has agreed to rebuild by community action planning. In order to unaderstand “What is Kampung” and plan not only the physical environment but also the entire human environment with all of its tangible and intangible qualities, we made dialogue with inhabitants for approaching to their own Home sphere and Evaluating by an original way of sketch. As a result, we described their Home sphere of own surroundings and Evaluating from individual points of view, and autonomous orders which the community has shared in Kampung Akuarium.en
dc.format.mimetypeapplication/pdf-
dc.language.isojpn-
dc.publisher公益社団法人 日本都市計画学会ja
dc.publisher.alternativeThe City Planning Institute of Japanen
dc.rights© 2019 日本都市計画学会ja
dc.rights本著作物の著作権は日本都市計画学会に帰属します。本著作物は著作者である日本都市計画学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」に従うことをお願いいたします。ja
dc.subjectジャカルタja
dc.subject都市カンポンja
dc.subject自己組織化ja
dc.subject都市認識ja
dc.subjectダイアログja
dc.subject自地域ja
dc.subjectJakartaen
dc.subjectUrban Kampungen
dc.subjectSelf-organizationen
dc.subjectUrban-ceptionen
dc.subjectDialogueen
dc.subjectHome Sphereen
dc.titleジャカルタの密集市街地 "都市カンポン" に見る個人/集団による自己組織化に関する研究 : カンポン・アクアリウムの居住者らが抱く「都市認識」へのアプローチを通してja
dc.title.alternativeStudy on the self-organization by Individual/Collective in Urban Kampung, Jakarta, Indonesia : Through approaching to Inhabitant's own Urban-ceptions for Kampung Akuariumen
dc.typejournal article-
dc.type.niitypeJournal Article-
dc.identifier.jtitle都市計画論文集ja
dc.identifier.volume54-
dc.identifier.issue3-
dc.identifier.spage1208-
dc.identifier.epage1215-
dc.relation.doi10.11361/journalcpij.54.1208-
dc.textversionpublisher-
dc.address京都大学大学院工学研究科建築学専攻ja
dc.address京都大学大学院工学研究科建築学専攻ja
dc.address.alternativeKyoto Universityen
dc.address.alternativeKyoto Universityen
dc.relation.NAID130007741979-
dcterms.accessRightsopen access-
dc.identifier.jtitle-alternativeJournal of the City Planning Institute of Japanen
Appears in Collections:Journal Articles

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.