Downloads: 68

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
2021-01.pdf479.33 kBAdobe PDFView/Open
Title: ネフ反標準因子を持つKLT対の構造について
Other Titles: Structure theorem for projective klt pairs with nef anti-canonical divisor
Authors: 松村, 慎一  KAKEN_name
Author's alias: MATSUMURA, Shin-ichi
Keywords: 14E30
32J25
53C29
KLT対
反標準因子
ネフ性
半正値性
半豊富性
有理連結性
特異Calabi-Yau多様体
基本群
準エタール被覆
ホロノミー群
葉層構造
順像層の正値性
特異エルミート計量
Issue Date: Jan-2022
Publisher: 京都大学数理解析研究所
Journal title: 代数幾何学シンポジウム記録
Volume: 2021
Start page: 3
End page: 19
Abstract: 本稿では反標準因子が適切な意味で“非負曲率”を持つ射影多様体について論じる.反標準因子のネフ性・半正値性・半豊富性について議論し, 射影多様体やKLT対に対する有理連結射やAlbanese射の構造定理を紹介する. さらに, 構造定理に関連する基本群・ホロノミー群・葉層構造・順像層の正値性の理論について, 周辺の話題や未解決問題を交えながら解説する.
Description: 於 Zoom (2021年10月26日-10月29日)
2021年度科学研究費補助金 基盤研究(S)(課題番号 17H06127, 代表 齋藤政彦)
世話人: 田中 公(東京大), 古川 勝久(城西大), 馬 昭平(東工大)
URI: http://hdl.handle.net/2433/268254
Related Link: https://sites.google.com/view/kinosaki2021
Appears in Collections:2021

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.