Downloads: 2

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
takuetsu3_1.pdf133.57 kBAdobe PDFView/Open
Title: Another History of 19th Century German Philosophy: Illuminating the Stream of Philosophical Methodology of Fries and Schopenhauer
Other Titles: もう一つの19世紀ドイツ哲学史 : ポストカントにおける哲学方法論の系譜
Authors: OOTA, Tadahiro
Author's alias: 太田, 匡洋
Issue Date: 2022
Publisher: 京都大学大学院文学研究科
Start page: 1
End page: 4
Description: 令和3年度京都大学全学経費による「卓越した課程博士論文の出版助成事業」への応募があった平成28年4月から令和3年3月までの博士(文学)学位論文から、選考を経て、下記の4冊の書物が刊行されました。
太田 匡洋『もう一つの19世紀ドイツ哲学史 ポストカントにおける哲学方法論の系譜』京都大学学術出版会、2022年3月25日刊、iv+372頁
キム・ハンバク『配流刑の時代 清朝と刑罰』京都大学学術出版会、2022年3月31日刊、v+302頁
郝 洪芳『東アジアの紹介型国際結婚 グローバルな家族と越境する親密性』明石書店、2021年12月30日刊、160頁
山本 めゆ『「名誉白人」の百年 南アフリカのアジア系住民をめぐるエスノ-人種ポリティクス』新曜社、2022年3月30日刊、vi+222+(22)頁
URI: http://hdl.handle.net/2433/274194
Appears in Collections:令和3年度

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.