Downloads: 65

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
igakunoayumi_282_9_23261.pdf299.91 kBAdobe PDFView/Open
Title: 有機触媒探索からの計画的セレンディピティ
Other Titles: Planned serendipity from organocatalyst discovery
Authors: 生長, 幸之助  KAKEN_name
浅野, 圭佑  KAKEN_name
上田, 善弘  KAKEN_name
Author's alias: OISAKI, Kounosuke
ASANO, Keisuke
UEDA, Yoshihiro
Keywords: 有機触媒
医薬探索
技術転用
ノーベル化学賞
Issue Date: 27-Aug-2022
Publisher: 医歯薬出版
Journal title: 医学のあゆみ
Volume: 282
Issue: 9
Start page: 23261
End page: 23263
Abstract: “第3の触媒”ともよばれる有機触媒は,医薬品をはじめとする高付加価値物質の持続的生産プロセスの確立に多大な貢献を果たし,2021 年のノーベル化学賞が授与された研究領域である.一方で,さらなる高次機能の要請や研究コストの肥大化を背景に,探索効率の飛躍的向上をもたらす新たな発想が求められてもいる.本稿では,医薬探索との共通項・差異に着目したうえで技術転用していく発想から,有機触媒探索においても探索範囲の拡大と評価の高速化を達成しうる事例を取り上げる.このような探索法は,予想外の低確率発生事象を意図的に見出していく“計画的セレンディピティ”を体現するための重要基盤となる.有機触媒探索から“計画的セレンディピティ”が達成されることでひらかれる未来はどのようなものか,ということにも触れてみたい.
Rights: 「医学のあゆみ」282巻9号 (2022年8月27日発行) より「有機触媒探索からの計画的セレンディピティ」を医歯薬出版の許諾を得て転載
許諾条件により本文は2022-08-27に公開
この論文は出版社版でありません。引用の際には出版社版をご確認ご利用ください。
URI: http://hdl.handle.net/2433/275957
Related Link: https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/index.aspx
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.