このアイテムのアクセス数: 599

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
oike_1989a.pdf14.32 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 地震列島にしひがし
著者: 尾池, 和夫  KAKEN_name
著者名の別形: Oike, Kazuo
キーワード: 地震
発行日: 15-Apr-1989
出版者: 日本損害保険協会
抄録: はしがき  地震や火山の噴火は、地殻の活動によって起こりますが、日本列島とその周辺には、地球全体の地殻活動のエネルギーの1/10が集中しているといわれます。一方、日本列島は地球全体の陸地の1/400ですから、平均の40倍のエネルギーが日本列島とその周辺で放出されていることになります。地震国日本、火山国日本といわれるように、地震や噴火が多いのは当然のことといえましよう。  地震という自然現象は、残念ながら今のところ人間の力で止めたり小さくしたりすることはできません。しかしそれによってもたらされる災害は、私たちの努力で軽減することができます。そのためにまず、地震に関する正しい知識が必要ですが、一口に地震といっても、その性質は北海道から沖縄まで一様というわけではありません。地域ごとに様々な特徴を示します。そのような地域による特徴をわきまえた上で、正しく地震に備えようというのが、本書発行のねらいです。  身近な地域の地震の特徴を、本書によってご理解頂ければ幸いです。 平成元年五月 社団法人 日本損害保険協会
記述: はしがき / 第一章 日本列島 / 第二章 近畿 / 第三章 山陰・北陸 / 第四章 中部山岳地帯 / 第五章 東海・南海 / 第六章 九州と周辺の島々 / 第七章 関東・伊豆 / 第八章 東北 / 第九章 北海道 / あとがき
著作権等: 本書掲載の写真については、建築研究所、市浦村役場(現青森県御所川原市)、東京大学地震研究所、リモートセンシング技術センター、毎日新聞社、読売新聞社の各団体より転載の許諾をいただきました。写真の著作権は各団体に属します。
URI: http://hdl.handle.net/2433/44054
出現コレクション:尾池和夫総長

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。