このアイテムのアクセス数: 832

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
ariga.pdf406.33 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: <特集:モデル> 洗い桶からコンピュータへ : 大気大循環モデルによるシミュレーションの誕生
その他のタイトル: <Special Issue: Models> From Dishpan to Computer : The Beginnings of Simulation with General Circulation Model
著者: 有賀, 暢迪  KAKEN_name
著者名の別形: ARIGA, Nobumichi
発行日: 31-Jan-2008
出版者: 京都大学文学部科学哲学科学史研究室
誌名: 科学哲学科学史研究
巻: 2
開始ページ: 61
終了ページ: 74
抄録: In 1956, American meteorologist Norman Phillips published an article entitled "The General Circulation of the Atmosphere: A Numerical Experiment," which is considered a landmark in the history of meteorology as well as in that of computer simulation. In this paper, we present Phillips's numerical experiment as a natural development of a dishpan experiment―a laboratory experiment with rotating fluid. Both kinds of experiments are 'model experiments,' and we can regard their models as a tool for understanding general circulation. In the history of meteorology, computer simulation emerged as a kind of experiment.
DOI: 10.14989/56988
URI: http://hdl.handle.net/2433/56988
出現コレクション:第2号

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。