Access count of this item: 145

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004809978.pdf394.67 kBAdobe PDFView/Open
Title: 強く相互作用し合っているボーズ粒子系の集団運動の方法による記述
Authors: 五十嵐, 靖則  KAKEN_name
中馬, 國喜  KAKEN_name
鈴木, 良治  KAKEN_name
Author's alias: Igarashi, Yasunori
Chuma, Kuniyoshi
Suzuki, Ryoji
Issue Date: 20-Dec-1978
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 31
Issue: 3
Start page: 169
End page: 179
Abstract: 強く相互作用し合っているボーズ粒子系の集団励起の性質を一般化された集団座標を用いて研究した。特に,フォノン領域での波長の十分長い部分の素励起スペクトルの形を理論的に調ベヘリウムIIにおけるフォノン・エネルギーは基底状態での粒子の零点運動に強く依存していることが判明した。これまでに受け入れられていた解釈とは異なった,液体ヘリウムIIでのフォノン・エネルギー・スペクトルの主要項は零点運動と粒子間の相互作用に基づく粒子の平均運動エネルギーと,そして相互作用ポテンシャルのエネルギーからの寄与であることを提案する。我々はフォノン・エネルギーをこの様に解釈することによって,最近実験で指摘されているヘリウムIIでのフォノンは異常分散を示すという事実を理論的に説明できるのではないかと信じている。最後に,集団運動と個別運動とを分離して取り扱う方法として,朝永によって提案された方法を三次元の多重モードヘ一般化する手法を見い出したので紹介する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/89742
Appears in Collections:Vol.31 No.3

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.