Access count of this item: 194

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004810168.pdf410.23 kBAdobe PDFView/Open
Title: ボーズ粒子系における集団変数と内部変数について
Authors: 五十嵐, 靖則  KAKEN_name
中馬, 國喜  KAKEN_name
鈴木, 良治  KAKEN_name
Author's alias: Igarashi, Yasunori
Chuma, Kuniyoshi
Suzuki, Ryoji
Issue Date: 20-Aug-1979
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 32
Issue: 5
Start page: 373
End page: 384
Abstract: 集団運動の方法による取り扱いは,強く相互作用し合っているポーズ粒子系の素励起の性質を知るうえで,大変示唆に富んだ物理的描像を提供してくれる。我々は近似的にではあるが,集団変数と互いに直交する正準共役な内部変数が存在することを見い出したので報告したい。集団変数と内部変数を用いることによって系のHamiltonianを,集団運動を記述する部分と内部運動を記述する部分へ分離することが可能となり,これまで取り扱いが困難であった内部運動を平易に取り扱うことができ,例えば,ボーズ粒子系ではk_sより小さな運動量を持ったSingle-Particle excitationは起こらないこと等が導き出される。本論文では集団変数と内部変数との直交性や分離の度合等についての議論を展開する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/89857
Appears in Collections:Vol.32 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.