Access count of this item: 183

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004772857.pdf575.86 kBAdobe PDFView/Open
Title: スピン対称性の自発的破れが粒子-正孔対励起のボソン展開に与える影響について
Authors: 関, 誠一  KAKEN_name
Author's alias: Seki, Seiichi
Issue Date: 20-Mar-1984
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 41
Issue: 6
Start page: 474
End page: 493
Abstract: スピン対称性の破れたフェルミ粒子系に対して,粒子-正孔対励起のボソン表示を導出する。スピン反転を伴わない低波数の粒子-正孔対励起に対応した双一次フェルミ演算子は1ボソン演算子で表現でき,このような励起に対しては系の次元に関係なく朝永公式に類似した表式の成立することが示される。また,スピン反転を伴った粒子-正孔対励起のボソン化から,Stonerギャップの存在が対励起のボソン表示に重要な影響を与えることを指摘する。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/91235
Appears in Collections:Vol.41 No.6

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.