Access count of this item: 266

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004772853.pdf337.37 kBAdobe PDFView/Open
Title: 過冷却グリセリン液体の結晶化過程における電圧ゆらぎ
Authors: 東崎, 健一  KAKEN_name
山口, 裕子  KAKEN_name
Author's alias: TOUZAKI, Ken-ichi
YAMAGUCHI, Yuko
Issue Date: 20-Mar-1984
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 41
Issue: 6
Start page: 433
End page: 440
Abstract: 有極性分子液体中には,分子の熱的運動によって自発的な揺動電場が発生している。平行平面の電極間に液体グリセリンを満し,両極間に現われる電圧ゆらぎを観測した。サンプルが安定な液体であるときと,結晶化が進行しない過冷却液体状態にあるとき,そして結晶化が終了した状態では,ゆらぎ電圧の分布はガウス分布であった。そしてその分散はナイキストの定理を満した。ところが,過冷却液体が結晶化する過程では,巨大なゆらぎが発生して,分布はガウス分布でなくなった。結晶化過程で得られた分布の集団は,ある規則性を予想させる群を形成した。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/91239
Appears in Collections:Vol.41 No.6

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.