Access count of this item: 134

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004773000.pdf381.82 kBAdobe PDFView/Open
Title: 中間秩序形成の動力学と異常記憶現象(秩序化過程における協力と乱れ-その動力学的研究-(第2回),科研費研究会報告)
Authors: 松浦, 基浩  KAKEN_name
村上, 洋一  KAKEN_name
Author's alias: Matsuura, Motohiro
Murakami, Yoichi
Issue Date: 20-Nov-1984
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 43
Issue: 2
Start page: 18
End page: 23
Abstract: 自然界に見られる多様な相変化の中に中間相として長距離秩序相ではないが所謂短距離秩序とは区別される或る種の"秩序"相を経て秩序化が段階的に進行する場合がある。本稿では二次元XY的強磁性体塩化コバルトのグラファイト層間化合物にみられる特徴的な二段階逐次転移をとり上げ中間相の性格やその形成過程を考える。中間相と低温秩序相において磁化又は消磁過程が連緩=段階緩和現象として観測され温度変化の際に磁化の記憶効果というべき現象が現れる。その様相から中間相は秩序無秩序両相の性格を部分的に併せ有していることが分る。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/91488
Appears in Collections:Vol.43 No.2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.