Access count of this item: 210

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004737611.pdf371.78 kBAdobe PDFView/Open
Title: Nelson流の確率過程量子化法によるトンネル時間の考察(ポスター・セッション・プログラム,第3回『非平衡系の統計物理』シンポジウム(その2),研究会報告)
Authors: 今福, 健太郎  KAKEN_name
大場, 一郎  KAKEN_name
山中, 由也  KAKEN_name
Author's alias: Imafuku, Kentaro
Oba, Ichiro
Yamanaka, Yoshiya
Issue Date: 20-May-1996
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 66
Issue: 2
Start page: 312
End page: 325
Abstract: Nelson流の実時間確率過程量子化法をもちいたトンネル現象の解析を行う。Nelson流のアプローチは各試行毎の記述を探る可能性をもつものであり、量子力学に新しい視点を与えている。我々は、このアプローチを用いていわゆるトンネル時間を定義し、簡単な場合について数値計算による定量的解析を行った。
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/95730
Appears in Collections:Vol.66 No.2

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.