Access count of this item: 153

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004737608.pdf474.15 kBAdobe PDFView/Open
Full metadata record
DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author鎮目, 浩輔ja
dc.contributor.alternativeShizume, Kosukeja
dc.contributor.transcriptionシズメ, コウスケja
dc.date.accessioned2010-02-08T08:37:21Z-
dc.date.available2010-02-08T08:37:21Z-
dc.date.issued1996-05-20ja
dc.identifier.issn0525-2997ja
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/2433/95733-
dc.descriptionこの論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。ja
dc.description.abstractLandauerはメモリに記憶された1ビットの情報の消去を行うと必ずK_BTln2程度以上の熱散逸が起こることを主張した。しかしその正否に関してはなお議論が行われている。本研究ではメモリの基本的な物理的モデルにおいて、情報消去に伴う熱散逸の下限を定量的に調べる。このモデルは動的なポテンシャルのもとでブラウン運動を行う粒子を含む系であり、Langevin方程式により記述される。そしてその粒子が受けるランダム力が白色ガウス的であり、従って粒子の確率分布の時間発展がFokker-Planck方程式に従うならば、1ビットの情報消去に伴う熱散逸の平均の下限は正確にk_BTln2になることを証明する。ja
dc.format.mimetypeapplication/pdfja
dc.language.isojpnja
dc.publisher物性研究刊行会ja
dc.subject.ndc428ja
dc.title情報消去と熱散逸 : Fokker-Planck方程式からの導出(ポスター・セッション・プログラム,第3回『非平衡系の統計物理』シンポジウム(その2),研究会報告)ja
dc.type.niitypeDepartmental Bulletin Paperja
dc.identifier.ncidAN0021948Xja
dc.identifier.jtitle物性研究ja
dc.identifier.volume66ja
dc.identifier.issue2ja
dc.identifier.spage270ja
dc.identifier.epage280ja
dc.textversionpublisherja
dc.sortkey010ja
dc.address図書館情報大学ja
Appears in Collections:Vol.66 No.2

Show simple item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.