Access count of this item: 675

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
KJ00004711663.pdf381.25 kBAdobe PDFView/Open
Title: 6. 弱値の半古典論による解釈(第9回『非平衡系の統計物理』シンポジウム,研究会報告)
Other Titles: 6. Semiclassical interpretation of weak values(The 9th Symposium on Non-Equilibrium Statisitical Physics)
Authors: 田中, 篤司  KAKEN_name
Author's alias: TANAKA, Atushi
Issue Date: 20-Feb-2002
Publisher: 物性研究刊行会
Journal title: 物性研究
Volume: 77
Issue: 5
Start page: 922
End page: 925
Abstract: Aharonov-Albert-Vaidmanの弱値の半古典的な解析について報告します.この解析から,弱値の異常な値,例えば極端に大きな値や複素数の値,の本質は,量子効果の主要なものである,干渉や絡み合いとは無縁であることが明らかになりました.同時に,この解析により,古典軌道間の量子干渉が発現しない場合の,Ehrenfestの定理による,古典軌道と量子論の期待値との対応付けを,複素数値を取る古典軌道の場合へ拡張しました.
Description: この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
URI: http://hdl.handle.net/2433/97169
Appears in Collections:Vol.77 No.5

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.