このアイテムのアクセス数: 1289

このアイテムのファイル:
ファイル 記述 サイズフォーマット 
jee_13_1.pdf696.78 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: フォード・ピント事件をどう教えるべきか
その他のタイトル: How should we teach the Ford Pinto case?
著者: 伊勢田, 哲治  KAKEN_name
著者名の別形: ISEDA, Tetsuji
キーワード: 技術者倫理教育
engineering ethics education
自動車安全行政
automobile safety administration
非倫理的計算
unethical calculation
発行日: 30-Nov-2016
出版者: 名古屋工業大学 技術倫理研究会
誌名: 技術倫理研究 = Journal of Engineering Ethics
巻: 13
開始ページ: 1
終了ページ: 36
抄録: フォード・ピントの設計上の欠陥の事例は, その設計のもとになったとされる非倫理的計算を示す「ピント・メモ」とともに, 日本の技術者倫理教科書の中で頻繁に言及されてきた. しかし、この事例についての「通説」には多くの不正確な点があり, とりわけ, 「ピント・メモ」は実はピントの設計に直接は関係しない文書であることが分かっている. この問題についての注意喚起はすでになされているが, 技術者倫理教育コミュニティの反応はそれほど敏感とはいえない. 本論文では「通説」の不正確な部分をより一次資料に近い文献をもとに確認するとともに, 現行の技術者倫理教科書でこの事例がどのように扱われているか, 具体的に検討し, 分類する. さらに, 現行のさまざまな取り上げ方に長短があることを踏まえ, 本論文で「フィクション派」と名付ける, 別の取り上げ方を提案する.
著作権等: 発行元の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/217756
関連リンク: http://eng-ethics.web.nitech.ac.jp/
出現コレクション:学術雑誌掲載論文等

アイテムの詳細レコードを表示する

Export to RefWorks


出力フォーマット 


このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。