Access count of this item: 543

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
Bull.biogeogr_72_266.pdf1.18 MBAdobe PDFView/Open
Title: ニホンベニクラゲ(ヒドロ虫綱、花クラゲ目)『若返り』現象の誘導
Other Titles: Induction of "rejuvenation" phenomenon of Turritopsis sp. (Hydrozoa, Anthomedusae)
Authors: 亀卦川, 樹  KAKEN_name
北田, 洋平  KAKEN_name
向井, 有理  KAKEN_name
越中谷, 賢治  KAKEN_name
久保田, 信  KAKEN_name
Author's alias: Kikegawa, Tatsuki
Kitada, Yohei
Mukai, Yuri
Etchuya, Kenji
Kubota, Shin
Keywords: Turritopsis sp.
rejuvenation
polyp
dumpling
medusae
Tanabe Bay
Issue Date: 20-Jan-2018
Publisher: 日本生物地理学会
Journal title: 日本生物地理学会会報 = Bulletin of the Biogeographical Society of Japan
Volume: 72
Start page: 266
End page: 270
Abstract: High rejuvenation rate was shown in Turritopsis sp. (Hydrozoa, Anthomedusae) collected from Tanabe Bay, Wakayama Prefecture, Japan in August 2017. Degeneration of medusae to dumplings was induced by isolation rearing, and succeeding transformation into polyps was controlled by seawater temperature.
生活環の逆戻り現象(『若返り』)が可能なニホンベニクラゲルTurritopsis sp. (ヒドロ虫綱, 花クラゲ目)における, 高い若返り率を報告する. 和歌山県田辺湾産ニホンベニクラゲ22個体の成熟個体を, ポリスチレン製細胞培養用マルチプレートを用いて止水飼育し, 2017年の8月から9月にかけて『若返り』に関する観察を記録した. 16個体については記録初期段階から一貫して水温25℃による飼育を行い, 6個体は水温4℃で一晩コールドショックを与えた後,水温25℃に戻して観察を続けた. この時, 水温25℃飼育の16個体の内, 4個体は同時にマルチプレートの1穴内で飼育したが, 他の12個体については, マルチプレートの1穴ごとに1個体ずつ隔離飼育した. その結果, 水温25℃飼育の16個体の内の12個体において, ポリプ幼体への『若返り』が確認された(75%). 一方, コールドショックを与えた6個体のポリプ幼体への若返り率は0%であった. また, マルチプレートで隔離飼育した12個体では, 11個体がポリプ幼体への『若返りを示した(92%).
Rights: 発行元の許可を得て登録しています.
URI: http://hdl.handle.net/2433/230296
Related Link: http://biogeo.a.la9.jp/
Appears in Collections:Journal Articles

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.