Downloads: 2705

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
eda64_249.pdf1.59 MBAdobe PDFView/Open
Title: ロールシャッハ法における不安の再考 --解釈仮説の検討から--
Other Titles: Reconsidering Anxiety in the Rorschach Method: An Analysis of Interpretation Hypothesis
Authors: 元木, 幸恵  KAKEN_name
Author's alias: MOTOKI, Sachie
Keywords: ロールシャッハ法
不安
防衛
Rorschach method
Anxiety
Defense
Issue Date: 30-Mar-2018
Publisher: 京都大学大学院教育学研究科
Journal title: 京都大学大学院教育学研究科紀要
Volume: 64
Start page: 249
End page: 261
Abstract: 本論では、ロールシャッハ法において、これまで解釈の際、当たり前のように用いられてきた不安指標に対して、なぜそのような解釈仮説が成り立つかについて検討を行った。ロールシャッハ法では、図版が曖昧であるが故に、それを目の前にすると多くの人が不安を感じる、ということが前提としてある。つまりロールシャッハ法では、そこで感じた不安に対してどのように防衛を働かせるのか、あるいは働かせていないのかについて検討することが可能であるということが示された。特に名大法のAnxiety(感情カテゴリー)では、今までスコアリングされてこなかった感情的価値を、よりスコアに反映させることで、被検査者の不安に対する防衛の分析を可能とすることが示唆された。ロールシャッハ法における不安の表れ方には、様々な水準や意味があることが考察されたが、解釈の際には他のスコアとの関連やテストバッテリーまで含めて行う必要があると指摘された。
This article discusses why hypotheses regarding interpretation of the Anxiety Index could be formed, which has been used in the Rorschach method. In the Rorschach method, many people feel anxiety when they see the figure because it is ambiguous. That is, the Rorschach method shows that it is possible to examine how defense does or does not work against anxiety felt by people in the test. Particularly, according to the Anxiety Index in the category of Affective Symbolism, Nagoya University Edition, it is suggested that by reflecting the affective value that has not yet been scored in the Rorschach method, it is possible to analyze the defense mechanism against anxiety of the test subject. Although there are various levels and meanings in the expression of anxiety in the Rorschach method, it is necessary to consider relations with other scores and other test batteries when interpreting the score.
URI: http://hdl.handle.net/2433/231350
Appears in Collections:第64号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.