Access count of this item: 10

Files in This Item:
File Description SizeFormat 
Himalayan-20-119.pdf3.74 MBAdobe PDFView/Open
Title: <原著・資料・エッセー>日本霊長類学の黎明期に関する資料 --国立民族学博物館の民族学研究アーカイブズから--
Other Titles: <Original Articles, Report and Essay>Materials about the Dawn of the Primatology in Japan: Stored in the Archives of National Museum of Ethnology
Authors: 小長谷, 有紀  KAKEN_name
Author's alias: Konagaya, Yuki
Keywords: 今西錦司
都井岬
モンゴル
Issue Date: 28-Mar-2019
Publisher: 京都大学ヒマラヤ研究会; 京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院; 京都大学ヒマラヤ研究ユニット
Journal title: ヒマラヤ学誌 : Himalayan Study Monographs
Volume: 20
Start page: 119
End page: 128
Abstract: 国立民族学博物館に所蔵されている資料の中から、霊長類学の祖である今西錦司に関連する資料についてその概要を紹介する。とりわけ今西が初めてサルと出会った都井岬やウマに注目した内モンゴルの資料についてコメントを加える。これらは、日本における霊長類学の黎明期について研究する上で貴重な資料となるであろう。
In this paper I introduce the primary sources about Kinji Imanishi who is the founder of primatology in Japan. These materials have been kept in the National Museum of Ethnology, Osaka. Especially I would like to give comments on the letters from Toi Cape where Imanishi first met monkeys and Inner Mongolia where he observed horses. These materials are valuable for archive research on the dawn of Japanese primatology.
DOI: 10.14989/HSM.20.119
URI: http://hdl.handle.net/2433/242976
Appears in Collections:第20号

Show full item record

Export to RefWorks


Export Format: 


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.